「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

【千葉ロッテ】大ベテラン・福浦和也は来季は1軍打撃コーチ兼任に。

【スポンサーリンク】

Tampa Bay Rays Coaches

ロッテ福浦が来季1軍打撃コーチ兼任!チーム最年長 - プロ野球 : 日刊スポーツ

もしかしたら井口の次の監督は福浦かもしれないしな。何年後とか10数年後とかになるかもしれないけど。

ロッテ福浦和也内野手(41)が来季は1軍打撃コーチを兼任することが18日、分かった。

 球団幹部は「今までは若手に助言を求められても、コーチへの遠慮があったと思う。高い技術は球団の財産。伝承して欲しい」と説明。あくまで選手であることは変わらないが、コーチの肩書をつけることで、気兼ねなく後輩に指導してもらう狙いがある。

 1歳上の井口が引退し監督に就任。福浦は25年目の来季をチーム最年長として迎える。通算2000安打まで38本と迫るが「(記録は)意識しない。戦力になれるよう準備するだけ」と、チームに尽くす考えだ。

ということは、逆に言えば今年までのベテラン陣は、伊東監督や他のコーチ陣に「遠慮」してあまり助言できない空気とかがあったんだろうね。むしろ伊東監督とかはそこを察して、井口や福浦に「ま、若手を頼むよ」とか言う人だったんだろうけど…。

しかし井口・福浦のような今後もなかなか日本球界では出てこないようなこれほどのレジェンドふたりをしても、「遠慮」してなかなか助言できないような空気を作っちゃったロッテ球団は闇が深いわ(でもたぶん戦前期からチームがあり、生え抜きがどこよりも大事にされている(?)巨人・阪神・中日とかはもっとひどいんだろうけど)。

とはいえ、福浦の場合は寡黙に背中で若手を引っ張っていく(若手がいろいろと質問したりとしてきたら教えてやる)タイプなんだろうけどね。気兼ねなくやれる雰囲気は大事。

井口監督「理想は今年の西武打線」とのことで。

結局、今年ホームで見た試合は2試合とも西武戦で、しかもどちらも1回に浅村選手の先制弾で先行された、という(爆)。

ロッテ・井口資仁新監督(42)が17日、理想の打線に今季の西武を挙げた。就任会見で「マリンスタジアムを最大限に生かした攻撃的野球をしたい。もっともっと、足を使った野球をやっていきたい」と語っていたが、目指す野球像がより具体化した。

 フェニックス・リーグが3日続けて中止となり、宮崎空港で取材に応じた。少し考えて「今年の西武。1、2、8、9番が走れる。できるなら、全員走れるのが理想」と口にした。打線が固定され、秋山、源田、外崎、金子侑らが12球団トップの129盗塁をマーク。先の塁を狙う姿勢が、リーグ最多690得点に結びついた。チーム盗塁は78ながら「自分の中で走れる選手は多い」。荻野、中村に加え、候補になりそうな加藤、岡田、伊志嶺らで得点力アップを狙う。

 「おかわりくんに打たれない」ってのが大前提になるんですが、DH制を敷くパ・リーグでは9番打者まで全く油断ができないってのが西武怖いなーって感じでしたね。

まあ今や西武の浅村選手の大ファンに(汗)

で、浅村選手の話に戻すと、今年の西武戦観戦のそれ以来、私は西武はそれほど好きではないけども、浅村選手の大ファンになっちゃいましたわー(苦笑)。

※でも西武のチャンステーマは唄ってるファンが本当楽しそうで見ていていいなあと思いますね。

で、私自身、2009年まで浦和をメインに応援してた頃に、浦和と対戦した際の(それぞれ当時の)ジュビロ磐田の藤田俊哉選手、ガンバ大阪の二川孝広選手の「物凄いいい仕事っぷり」に、チームを超えて「彼らだけは」応援するようになったのを思い出しますな(笑)。勿論、浅村選手以外でも、秋山選手とか金子選手とかがまたいい仕事っぷりをするからこそ、あの群雄割拠(ロッテを除く(泣))の今年、2位まで上り詰められたんでしょうしね。

できれば千葉ロッテも加藤翔平と荻野貴司あたりが1-2番で3割近いアベレージを残して盗塁しまくったりすれば、3番角中で先制点を…というパターンができていくんでしょうけどね。

※それと同時にできれば清田が西武の浅村と同じぐらい活躍してくれれば(以下略)

まさにそういう意味でも大ベテラン・福浦和也の助言は必要ですわ。そしていつでも俺様も3番4番を張ることはできるんだぞ、というその威圧感と存在感も(笑)。

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ