「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

約25年間主宰・参加していた、クイズサークル「えどきゅう」を退会します。

【スポンサーリンク】

f:id:tony_togo:20160623195953j:plain

こちらのブログでも何度か取り上げたことがあるんですが、私は高校の時以来、趣味としてクイズサークルを作ってそこに所属してクイズやゲームなどを四半世紀弱ほど続けていました。

このたび、そのクイズサークルを今月いっぱいで「退会」することになりましたのでご報告させていただきます。

退会の理由

実は高校時代から20数年間参加していた(最初の10年は「成田さだまさし研究会」というラジオの深夜番組のリスナー仲間の会だったんですが)、クイズサークル「えどきゅう」を、我が家の家庭の事情や私自身の持病の投薬加療などで、体力的・精神的にも参加がかなり難しくなることが判明しました。

その「成田さだ研」を作った時は17歳・高校2年生の春休みの頃だった自分が、今年の11月には42歳になるのですから、あの頃と同じようには動けなくなってしまったのはある意味で当たり前な話でした。思えば成田から、今の定例会をやっている江戸川区に活動場所を移転したのは2000年。更に「さだ研」からクイズサークルに鞍替えしたのは、サークルの10週年の2002年。それからも14-16年の月日が経っておりましたので…。

そこで家族、うちの妻も3年前に子供ができるまではここのクイズサークルのメンバーとして(主にバラエティ企画の強豪でしたが)ともじっくり相談した上で「断念」し、今月いっぱいで完全に退会することになりました。

「うん、俺が居るにはちょっと長すぎたかな」

本当は、休会した上で、体調・精神的に余裕がある日にはふらりと顔を出そうか…とも考えてたのですが、「そもそもフラストレーションしかたまらないので、楽しめるとは思えない」のと「休会を終えた後に自分がそこにいるイメージがわかない」、更に「25周年。さすがにそろそろ別の趣味に切り替えてもいいじゃないか」と思い直しまして、ちょうど良い区切りの25周年(厳密には1992年3月創立なので「24周年+α」、つまりは「25年目」)で辞めることにしました。

でも思えば月一回ペースで続けてきて、25年。定例会の回数で言えば昨年秋に通算300回目の定例会を迎えて、今はおおよそ310回とかそれぐらいになるんですが、毎週放送している「笑点」が今年50周年で、その半分ですし。つまりは笑点が25周年とかの頃にできたサークルができてから25年も経過していた、しかもここのサークルは基本的に日曜日に開催されているので「定例会の真裏では必ず笑点が放送されていた。笑点の裏でやっていた」という事実に、

「うん、俺が居るにはちょっと長すぎたかな。」

…とも思ったのも事実です。

たとえば20周年とか、子供ができた3年前・2013年秋のタイミングで辞めてれば、「スラムダンクの最終回」的な気持ち的にはてっぺん・最高潮なとこで辞められたのにな…とも軽く後悔してます(苦笑)。

「ついていけない」と思ったのは子供ができた3年前…。

私自身、3年前に妻が子供を妊娠したほぼ同じタイミングで妻の両親が揃って介護の対象になって転職をしたということがありました。

その頃から、精神的・体力的に余裕がなくなってきまして、私自身、その妻の妊娠がわかった2013年4月までの21年間で欠席したのがわずか2回しかなかったんですが、それ以後は短期間の休会や、度重なる遅刻・早退でフル参加が難しくなりました。と同様に、古くからの仲間たちも私と同様に年を取っていきますので、休みが増えたり、中にはこれなくなってしまったメンバーも…と。そして更に代替わりのように入ってきた最近の一部のメンバーの中にはクイズ論やサークル観などが全く話が合わない、いわゆる「ジェネレーションギャップ」のようなものを感じる人たちも出てきました。

妻からは3年前からちょくちょく、出かける時は楽しそうにでかけるのに、帰ってきたときには疲れた顔をしてしかも肩を落としてがっくりして帰ってくるものですから「そろそろ潮時なんじゃないの?」と言われたりしてました。

そこでまず、年に数回、クイズサークルの例会を休んだり早退したりして別の趣味に走らせてもらうようにしてもらったり(昨年は湘南対甲府戦、今年は仙台対甲府戦に活かせてもらいました)、さらに会の方々にお願いをしまして、昨年度末に私がサークルの創立以来ずっと担当していた幹事および広報担当職、更に細々とした人間関係の調整役や、例会当日などの雑用係を退任させてもらいました。

「強くなるためのクイズ」はこれで「卒業」。

おそらく今後はクイズサークルになる前から参加しているメンバー・友達との縁はもう20年以上の付き合いという人ばかりなのでそういう人たちは切れることはないと思うのです。でもそうでもない人たちとはたぶんこれっきりになると思います。

が、私自身、クイズはそういう仲間内で「余興」としてワイワイとやるかもしれませんが、現在のメンバーでは「余興や交流、仲間づくりよりも勝負。強くならなきゃ意味がない」と目を血走らせてやっている人たちもいて、そういう場所でのクイズ、便宜的に言えば「無理やり、強くなるためのクイズ」に関しては、自分の人生の中では「卒業」になると思います。

「次の25年」は別の趣味でまったりと楽しめれば…。

もともと、「さだに飽きてクイズを始めた」のが最初だったんで、私もそこまで目を血走らせて、負けたら泣いて…みたいな根性論ビンビンなそれは関心も興味もなく、彼らは彼らで自分の好きな道を究めてほしいと思いますし、私は私で、千葉ロッテやヴァンフォーレ甲府、落語鑑賞や旅行、勿論育児や料理などの好きな道で「まったり」と、次の25年で楽しんでいければいいかなと思ってます。

…ま、不摂生ぶりに「次の25年」の途中でリタイアしてそうだなあという予感もあるんですけど(号泣)。

でも嬉しかったのは退会するのを次の日の朝、今朝、朝食を食べながら嫁さんに伝えたんですが、「まあ今日はある意味での「メモリアル・デー」ってことでいいじゃないの?」って言ってくれたことですね。

これは一番気持ち的にありがたかったですね…。

「老兵は死なず。ただ消え去るのみ」。 

今の私の気持ちは「老兵は死なず。ただ消え去るのみ」の、GHQのダグラス・マッカーサー元帥の言葉そのものでして、清々しい気持ちでいっぱいです。とりあえず来年で25年。人生の半分以上ここに関わっていたのですから、未練もやり残したことはありません。

幸いにも、退会を申し伝えた際に、現在の執行部からは「引き継ぎ要件は全くありません。どうぞあなたのご自由に」とのことですので。たぶんこの数年でサークル名やメンバー、活動基盤等もガラリと変わっていくと思います。私自身は最後に「私の色はすべて消してくださって結構です」と申し上げました。後腐れも何もない100%の円満退会となりました。

今後はゆくゆくは少しずつ、25年かけて作った会報のバックナンバーや紙の原稿、定例会を撮影したビデオテープなどなどはすべて処分する予定です。 もしかしたら、来年以降、業務の負担を思いっきり軽くした、「ヌルい」クイズサークルのようなものを作るかもしれませんけど…。

いずれに致しましても、サークル関係の方々には25年にわたりまして、大変お世話になりました。そしてこちらのブログに関しては今後とも変わりなくいろいろとバカトーク的な記事を書いていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ