「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

凄い。アントニオ猪木氏の「生前葬」って、まるで水の江瀧子氏みたいだ(←若い人は知らんわ(泣))

【スポンサーリンク】

Bush League Professional Wrestling

アントニオ猪木の生前葬始まる ハンセン氏らが参列 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

そうか、猪木氏ってもう74歳なのか。まさかこの年になって「再び」国会議員になって北朝鮮を表敬訪問することになるとは…って感じなんだろうね(苦笑)

<INOKI ISM.2 猪木劇場~アントニオ猪木「生前葬」~>◇21日◇東京・両国国技館

 アントニオ猪木(74)の生前葬が21日、東京・両国国技館で始まった。

 チケットは9月23日に発売されたが、5万円のVIP席が4日後の27日に、3万円のSRS席が12日に完売するなど盛況で、19日には全席が完売。この日も開場前から多くのファンが入り口に列をつくり、周辺には「譲って下さい」と書かれたボードを持った、チケットを買えなかったファンも集まった。

この日は生前葬の前に7試合が行われる。第1試合のカール・ゴッチ杯2017・1回戦(5分2回、延長1回)には、猪木の弟子・鈴川真一(フリー)が登場。2017ISMトーナメントで優勝したヂエゴ安楽 (ブラジル、グレイシーバッハ姫路)と対戦し、肩固めで勝って2回戦に進出した。

 第2試合では1回戦のもう1試合、桜井隆多(R-BLOOD)対brother”YASSHI(京都カス野郎プロレス)が行われ、第2代DEEPミドル級王者の桜井が2回、brother”YASSHIのバックを取って首に腕を回し、裸絞めで勝利。セミファイナルのカール・ゴッチ杯2017決勝戦で、鈴川との対戦が決まった。

 メインイベントでは、新日本プロレスでIWGPヘビー級王座を2度獲得した“超竜”スコット・ノートン(56)とK-1グランプリで3度優勝のピーター・アーツ(46)が時間無制限一本勝負で対戦。ノートンは7月24日に東京・後楽園ホールで開催された「カール・ゴッチ没後10周年、ムハマド・アリ没後1周年大会 INOKI 『ISM』」に続く参戦。大会公式サイトを通じ「万が一ピーター・アーツに負けたら、俺は引退する!二度と俺の試合は見る事が出来ない!」と、負けたら引退を宣言している。

生前葬の「前座」試合がすごいなー。

いろんな格闘技が入れ乱れですやん。

スコットノートン、ピーター・アーツ、さらに鈴川真一、ようするに元前頭の若麒麟(現役時代に大麻取締法で逮捕されてそのまま解雇されたのは好角家にはおなじみの(汗))…って、ある意味でいろんな種目・団体の格闘家が入り乱れ。

そういえば若麒麟は相撲協会に解雇された後、執行猶予付きの有罪判決が出たんですが、その執行猶予中に猪木氏に誘われて(というか「拾われて」?)プロレスラーになっちゃって、「うわ、早っ」ってスポーツ新聞の記事を見てツッコミを禁じ得なかったのが懐かしい(苦笑)

そりゃ本当に格闘好きだったらチケットが欲しいって思いますわー。こんな寒い雨の中、両国国技館の周りで本当に大変だわ。

ジャイアント馬場氏が亡くなってもうすぐ20年か…。

そういえばジャイアント馬場氏も、モハメド・アリ氏も亡くなって久しいですしね。

猪木は9月14日に開いた会見で、生前葬をやるにあたり1999年(平11)1月31日に亡くなった、ジャイアント馬場さん(享年61)の挑戦状を受ける意義があると強調した。

 猪木 生前葬をやるという話になって急きょ、この話が盛り上がった。何年か前にジャイアント馬場さんが亡くなった。リングの上で、いつも挑戦していたんですが、理由を付けて逃げ回っていた。ある日『挑戦状を受ける…さんずの川で待っている』と。さんずの川まで行くには、ちょっと早いな。そろそろ迎えに来てもいいかな。

 また開催の大きなきっかけが、今年に入って兄弟2人が心臓の病などで亡くなったことだと明かした。猪木自身、9月11日に北朝鮮から帰国し、東京・羽田空港で会見を開いた際、入国審査から会見場に移動した際に息切れを訴えた。「2人、兄弟が亡くなって…心臓系のあれで、兄貴もその下も。俺も羽田に着いた時の記者会見で、やっぱり、ちょっと息切れが出てきたことがあった」と、自身の体調に変化を感じていることも口にした。

 生前葬には、かつてリングで抗争を繰り広げたスタン・ハンセン氏(68)、藤原喜明(68)が参列。さらなる“大物”もサプライズで登場するという。

で、記事の中で「馬場氏が挑戦状を受けてやる。三途の川で待ってる(と言っていた(らしい))」ってフレーズもある意味で猪木氏しか言えないセリフだわ(笑)。そうだよなー、いろいろと紆余曲折や合従連衡などあったけど、昭和30年代に日本プロレス界の王様のような存在だった力道山氏(この人も元々は二所ノ関部屋の相撲取りだったんですけども…)が刺殺されて突然亡くなってからプロレス界を牽引してたのはこの馬場氏と猪木氏だもんなー、と。

私が幼稚園生から小学生ぐらいの頃までは、まだ地上波のテレビでのゴールデンタイムに、プロレス中継ってのがありまして、母親は「下品だから」って見せたくなかったらしいんですけど、結局なんやかんやで見てたような記憶があります(実はドリフターズの番組も母親は嫌いで、それでも見てたという似たような感じだったんですけど)。

最近はごくたまーに特番で地上波で流れるぐらいで、もっぱらG+のノアのプロレス番組か、J Sportsで米国のWWEの番組(主に「RAW」と「SmackDown」)を観るぐらいですし、私。あのプロレスのなんやかんやの「お約束」っぷりが好きなんスよね(苦笑)

っかし「生前葬」って水の江瀧子氏以来、久々に聞いたわw

にしても「生前葬」ですか。なんとなく歌手の小椋佳氏が「生前葬ツアー」なんてやってた記憶と、女優であり映画プロデューサーであの石原裕次郎氏を発掘した映画プロデューサーの水の江瀧子氏って印象が物凄く強いんですよね…。

で、調べたら水の江氏は1993年に「生前葬」を開いてたそうです。で、葬儀委員長がやはり昭和を代表する俳優の森繁久彌氏だったと(汗)。その後、少しずつ表舞台に出なくなって、晩年は趣味の乗馬の最中に落馬して体を壊したのがきっかけで完全に表舞台には出なくなり、2009年11月に94歳で亡くなったんだそうです。ついでに書くと、水の江氏の亡くなった数日前に、森繁氏は96歳で亡くなってたとのことで…。

その亡くなったあとは、水の江氏は既に「生前葬」を行ってたので「お別れ会」はやらなかったそうですけどね。

なので個人的には「いやあ水の江瀧子以来、久々に聞いたな、生前葬なんて。」って思ったんですけど、調べてみたらもう24年前の話なんですね…。いやあ隔世の感が(泣)

しかしこれを書いてて思うのは「若い人はピンとこないんだろうなあ」と。だって石原裕次郎氏ですら亡くなって今年で30年ですし。まあそういう映画プロデューサーも昔はいた、ということでご勘弁を(←何がだ(苦笑))

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ