「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

【千葉ロッテ】前監督の伊東勤氏が侍ジャパンの「編成担当強化副本部長」に。

【スポンサーリンク】

Samurai

前ロッテ伊東勤氏、侍ジャパン選手選考へ「全力で」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

とにかく伊東前監督には「ケチでアホな親会社のロッテのせいでろくすっぽ補強をしないチームで申し訳なかった」って気持ちでいっぱいなんで…新天地で頑張って欲しいですね。

プロアマ合同の日本野球協議会は30日、侍ジャパン強化委員会、編成担当の強化副本部長に、前ロッテ監督の伊東勤氏(55)が就任すると発表した。今後は侍ジャパンの選手選考などに関わっていく。

 伊東氏は「この話があった時には、本当に私でいいのか戸惑いましたが、野球界への恩返しとして少しでも自分がお役に立てることがあれば、と思い引き受けました。これまで(監督)とは違う立場になりますが、山中本部長と協力して、日本のため、日本の野球界の将来のために、東京オリンピックで稲葉監督率いる侍ジャパンが金メダルを取れるよう全力でサポートしたい」とコメントした。

 任期は20年までの予定。侍ジャパン強化委員会委員長を務める日本野球機構(NPB)井原敦事務局長は「チーム編成の戦略、戦術のアドバイス、より強い侍ジャパンをつくっていくために3年後の東京五輪を見据えて、来年3月、11月の国際試合など、金メダルを見据えたアドバイスを頂きたい」と説明した。

ロッテの監督の頃は、特にドラフトでは選手層の薄さから即戦力の投手、しかも右投手ばかりを取ってた印象が強いんですけど…侍ジャパンに関しては12球団+αで豊富な人材が揃ってるから、チームの予算等を考えずにある程度好きなように選手を選んで呼んで、チームを組めるだけに伊東氏にとってもやりがいのある仕事じゃないでしょうか。

勿論、2020年に近づくごとに緊張感は増してくるんでしょうけどね。

さて、今のロッテから何人が選ばれるんだろう。

今年春のWBCでは五右衛門が選ばれて先発でも投げてました。ただ、あれがきっかけでスランプに陥ってしまい今年は散々たる成績で終わってしまった側面もあるんですけども。

かつての今江選手や西岡選手がロッテに居た頃のWBCとかでも、選手によっては調子のピークを前に持って行き過ぎてシーズンで調子を崩してた選手が何人もいただけに、そこらへんは難しいんでしょうね。かといって今年、沢村賞を取った巨人の菅野投手のようなタイプもいるんで一概には言えないのですが…(しかしあれだけ凄い投手を擁していてBクラスに落ちたってのも信じられんわ、巨人も)。

とりあえず千葉ロッテの選手で選ばれそうな選手は何人かはいるでしょう(「ネームバリュー」だけで選ばれるとしたらタイトルを取ったことがある五右衛門とか、角中とか、または通年で3割打てそうな鈴木大地キャプテンとか)けど、果たして伊東氏から見てどんぐらいのレベルに映ってるのか。そこらへん「も」目指してる選手も何人かはいるでしょうし、やはり明後日から始まる鴨川での秋季キャンプは、各人の反省を踏まえたテーマもそれぞれあって、かなり追い込むんだろうなあ、と思いますです。

井口新監督には意地悪なことをするなよ?親会社…。

とりあえずロッテ本社には「井口に対しては、伊東監督の時みたいな意地悪なことはするなよ?」とは言いたいですね。ろくすっぽ補強しねえとか、補強しても見当違いなそれをやらかしたりとか…。

もっとぶっちゃけて言えば、「やる気がねえんだったら、今のうち、ある程度の適正価格で買ってくれる企業さんに売ったほうがお互いの為じゃねえの?」とも。例えばZOZOさんとかLIXILさんとかさ。

ま、ここまでの今季の散々たる成績・評価でも、結局身売りの「み」の文字すら出なかったってことは、特に創業家は老齢の創業者がそれこそ「くたばらない限り」まず手放す・売る気はないんだろうけど。いっそ母国での商法or会社法違反等で大ピンチな創業家をまるごと追い出されるのを待ったほうがいいのだろうかな(失笑)。

※それにしても凄いアイキャッチャーだわw

伊東勤 勝負師―名捕手に宿る常勝のDNA

伊東勤 勝負師―名捕手に宿る常勝のDNA

 
共鳴する頭脳 羽生善治対談集

共鳴する頭脳 羽生善治対談集

 

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ