「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

千葉ロッテのエース・涌井投手が海外FA権行使を発表しました。

【スポンサーリンク】

【ロッテ】涌井、海外FA権行使を発表「ワールドシリーズ観戦で思いわき上がり…」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

昨日の記事の話の続きになるんですが、

www.muroktu.net

さらに具体的な話に。

ロッテ・涌井秀章投手(31)は8日、球団を通じて海外フリーエージェント権を行使すると発表した。メジャー挑戦を目指す涌井は、9月に権利の取得要件を満たした。球団は宣言後の残留を認め、全力で引き留める。

 「このたびFAを宣言させていただくことにしました。いろいろと時間をかけて考えさせてもらった中で、この機会に新たな可能性を探してみたいという結論に至りました。

もう少し時間をかけてお返事をしようかとも思いましたが、自分の中で意思が固まった中で結論の先延ばしをしては、ご迷惑になるかと思い、本日、この形で皆様にはお伝えさせてもらいます。今回、初めてアメリカでワールドシリーズをスタンドで観戦をさせていただきました。観戦をしている中でいろいろな思いや感情が自然とわき上がってきました。そういうった自分の中の気持ちと向き合い、家族やいろいろな方と相談をした中で今回の結論に至りました。

今後、どのような方向へと向かうかは、まだまだ先のことで、簡単には結果が出ないとは思いますが、温かく見守っていただければと思います」

ま、何はともあれ、じっくり考えに考えて悔いのない野球人生を歩んでほしいなと思いますね。千葉ロッテで何年もエースとして頑張ってきたのはロッテファンは誰もわかってるハズですし。

しかしさすがのシブチンの千葉ロッテも今回はFA残留を認める方針になったのね。今江の時なんかは見向きもしなかったのに。

ただし国内だったらロッテに…と。

FA涌井、残るならロッテ 最優先もちろんメジャー (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

でも国内だったらロッテに残るって言ってくれてるのもうれしい。

今季再取得したフリーエージェント(FA)権を行使する意思を固めているロッテ涌井秀章投手(31)の選択肢は、米メジャー挑戦か、ロッテ残留の2択に絞られた。山室晋也球団社長(57)が7日、涌井の希望として明らかにした。夢の実現へ向け、国内他球団という選択肢をなくした。

 FA申請期間2日目。涌井は公には姿を見せなかったが、千葉市内の球団事務所で山室社長が口を開いた。涌井について「報告は受けてないですが、(担当者が)連絡を取り合っていると聞いてます」と話した。既に前日までに、涌井はFA宣言する意向を球団サイドに伝えている。第1希望は、メジャー挑戦だ。同社長は「当然、残って欲しい」と前置きしてから、「多分、お金の問題じゃない気がする。(13年オフに西武から)来た時から『海外』と本人も言っていた。(意思を)大事にしたい気持ちはある」と続けた。不可欠な戦力ではあるが、挑戦を応援する気持ちもある。

 社長はさらに、涌井の本気度を明かした。「国内他球団には行かないと確認を取っている。国内ならロッテでやりたいと聞いています。海外にチャレンジしたいのでしょう」。4年前は国内FA権を行使し、故郷の千葉で投げるという夢を実現した。次の夢は、メジャーで投げること。だから、再びFA宣言する。シンプルに希望を突き詰めれば、国内他球団が選択肢から外れるのは自然なことだった。

 今後はトレーニングを続けながら、メジャー挑戦の準備を進める。米球界では、先発4、5番手にランクされることが濃厚とみられ、移籍先がすぐに決まる保証はない。それでも、ロッテは門戸を開けている。宣言残留を認めない従来の方針を180度、転換。具体的な残留交渉はFA宣言後だ。山室社長は「補強との兼ね合いがあるから、延々と待っているわけにはいかない」としつつ、「そこまでタイトではない」と強調した。ある程度、メジャー市場が固まるまで交渉窓口を開くことになりそうだ。メジャー挑戦か、愛着のあるロッテ残留か。エースの決断を待つ。

ま、次のエースは五右衛門、唐川、佐々木千隼…などが台頭していけばそれでいいけど、もし海外移籍が成就しなくてもロッテは待ってるよ、という姿勢は買いたいね。

まああとはこれは涌井には直接関係ないけど、左腕投手不足をどうにかしないとね。