「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

生まれて初めて親が買ってくれた絵本が「しろくまちゃんのほっとけーき」でした。

【スポンサーリンク】

Library / picture book

「こぐまちゃん」シリーズ作家わかやまけんさん死去 - 社会 : 日刊スポーツ

作者の方が2年前に亡くなられた…とのことなんですが、随分とご長寿だったんだなあ、と。

「こぐまちゃんえほん」シリーズで知られる絵本作家のわかやまけん(本名若山憲=わかやま・けん)さんが、2015年7月に85歳で死去していたことが17日、分かった。岐阜市出身。

 グラフィックデザイナーを経て絵本作家に。「きつねやまのよめいり」でサンケイ児童出版文化賞を受賞した。

 「こぐまちゃん」シリーズは、明快な線と色使いで幼児の暮らしを描き、ロングセラーに。同シリーズの人気作に1972年出版の「しろくまちゃんのほっとけーき」など。

 代表作は他に「おいしいね おいしいよ」「おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ」など。(共同)

 私が子供の頃にこの本が家にありまして、母親の話では、

と、

この「こぐまちゃんいたいいたい」は、私が大好きでいつもヘビーローテーションで読んでたんだそうです。どうも「しろくまちゃん」を物凄く気に入って読んでたんで、親が追加で「こぐまちゃん」も買ってきてくれたような記憶もあるんですけどね。

で、母親に「ホットケーキが食べたい」と頼んだところ、ホットケーキはともかく、シロップとしてかけた蜂蜜がどうも口に合わなくてそれ以来20数年、ほとんどホットケーキを食べることがなかった、という次第でした…うーん、メープルシロップを母親が買ってくれればぁ(苦笑)

うちの息子の初めての絵本は…。

ちなみにうちの息子にとっての初めての絵本は…というと、うちの子は超未熟児で生まれたので多少発達障害がありまして、良本を読み聞かせし始めたのはつい最近のことでして、

f:id:muro_ktu:20170817175348j:plain

妻のお友達からこういう絵本を何冊か贈っていただきましたのでこちらの本でちょくちょく読んだりしています。

 

それと誰から送られたかが実はわかんないんですが、妻のブログからリンクされた「amazon ほしいものリスト」から、

「もうぬげない」という近年では絵本業界では稀有な大ヒットを記録したという本を贈ってくださった方がいらっしゃいました。

こちらの本は夫婦ともどもバカウケで、息子は読み聞かせてると「ぽやー」っとしてるか、パパママの笑ってる顔を見て一緒にケラケラ笑ってくれる程度なんですが、もしかしたら息子にとっては「覚えている」絵本になるかもしれませんね…。

本好き・モノカキ好きの原点はたぶんここに…。 

私自身、フィクションの作品、特に「本」は全く関心がなく、もっぱら読むのはノンフィクション本が中心で、小説もクラシックな古い文豪・作家の作品が多いんですが、「本」じたいは今も昔も好きで、そういう意味ではこの「こぐまちゃん」シリーズに触れ合えたのが大きかったのかなあと思ってます。

そういう意味では、部活やサークルの会報(クイズサークルの会報を20数年で150冊ほど出してました。40-60ページぐらいある厚いのを…)、今はブログなどで何かをモノカキしているのも趣味の一つですし、少なからず長い文章を書くのが全く苦ではない性格の「原点」はここだったのかなあ、と。うん、ある意味で「恩人」なんでしょうね。

 

亡くなられたのは2年前とのことですが、改めてご冥福をお祈りいたします。 

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ