「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

SG開催中に森くんに合わせてくれるとはオートレース界も粋だなあ(感涙)

【スポンサーリンク】

IMG_0793r

「森くん」と21年ぶり共演 ツイッターも盛り上がる「森くんの笑顔 涙で見えない」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

30代後半から上は、SMAPの初期の頃は「6人」で、しかも森くんがキムタクとのツートップ的な人気だったのをよく覚えてる世代だっただけに感慨深いなあ…。

元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が4日、AbemaTV「72時間ホンネテレビ」で、1996年にグループを脱退しオートレーサーに転身した森且行(43)が出場している静岡・浜松オートレース場に来場、森の雄姿を生観戦した。残念ながら森は8着でフィニッシュしたものの、その後、21年ぶりとなる感動の対面を果たした。

 レース終了後、森に会いに行くタイミングが近づくとツイッター上もざわつきはじめ、「緊張してる、森くんと会える... 生きろ私...」「特別措置なんて出来る世界だったっけ? 凄いなー!! オートレース界の協力体制が有難いです。」「会えるの? どちらにお礼をすればいいのか分からないけどありがとうございます! 森くんとお話できるんだね。公共の電波にのるんだね」「森くん森くん森くん…!!」「正座しよう ♯森くん」などと大きく盛り上がった。

 そして森がさわやかに対面の場にやってくると、4人は熱く抱擁を交わした。ほのかに涙ぐむ香取、草なぎ、稲垣らの表情を捉え、そして香取が「森くん」がツイッタートレンドで世界1位になったことを興奮気味に伝えると森は、「えっ?森くんが?ホントに?」と笑った。

 感動の再会にツイッター上もつぶやきが溢れ、「森くんの笑顔 涙で見えない」「感動だよおおおおおおおおおおおおおおお」「嬉しそう。 しあわせ。 よかったね!」「並んで 並んで 相対するんじゃなくて並んで 4人の並び見たい」「四人ともいい笑顔!!!」といった喜びにあふれたつぶやきの他、「みんな泣いてる? わたしも泣くさ いろいろあったんだろうなー」「泣けちゃう 21年ぶり共演だもん 中居くんと拓哉もいてほしかった」などと、紆余曲折あった21年の歴史を思うつぶやきも見られた。

いやあジャニーズを辞めるとこういうことも物事の筋を通せば「できる」んだねえ…というか、そこまでマスコミ各所に情報統制的な圧力をかけなくても良かったんじゃね?って気もしなくはないけどな、ジャニーズ事務所よ(呆)

オートレース業界の「粋」に感激しましたわー。

基本的に競馬・競輪なんかでは騎手や選手は八百長とかを防止するために期間開催中は一般のお客さんと「隔離」されて、ケータイとかで連絡も取れないようにされるんですね。

たぶんこれは同じ公営ギャンブルのオートレースでも(競艇でも)同様な態勢を取られているでしょうし、ましてやこれだけの有名人をSG開催中のオートレース場に呼んでネット番組とはいえ「完全協力」な上に、調べたら開催期間は明日までなんだそうで、明日もレースがある中で「今日の出場レースが終わった後」に「場所を限定して」という話し合いや根回しが済んだ上でSMAPの3人とのご対面…ってのは、

オートレース業界も粋だなあ(感涙)

って気持ちが物凄く強いですねー、これは。

 ↑Twitterからお借りしてきました(多謝)

なんつーか、この3人、いろんな「諸般の事情」(それは個々の人生や、所属事務所のパワーバランス・派閥闘争のようなものも含む)があってジャニーズ事務所を辞めて、しかも先に辞めた先輩方は全部とは言わないまでも相当数が「マスコミに干される」という経験をよーく見てきただけに、ある意味で「捨てる神あれば拾う神あり」という言葉って本当なんだなあってことに、驚きと一種の感動すら禁じ得ない今日このごろです、はい。

それにしてもネット番組っていう新しい選択肢ができたのは凄いねえ。これだったらテレビ局みたいな「余計な忖度」は過度には必要ないですもん。少なくても、

f:id:muro_ktu:20171104173648j:plain

↑みたいな、地上波の全国放送で、所属事務所の社長への謝罪なんて「公開処刑」をするような無粋なことをやらせちゃダメ、なんすわ。そういうのは料亭とか事務所の会議室とかで「こっそり」やって手打ちするってもんで…。

前にいたクイズサークルで森くんを知らん若い衆が…。

そういえば、で思い出したのが、去年まで長らく在籍してたクイズサークルで、一問多答のインスピレーションのボードクイズが定番企画として開催されてました。8人ぐらいの回答者で2人だけかぶれば加点、そうじゃなければ減点…と。

そこでよく出たのが「SMAPのメンバーだった6人」という問題。本当は一回限りの予定だったんですが…結構大ウケな問題だったんで以後「定番問題」になってしまったのでした。

実はこの最初の回の時に2つほどハプニングが起きたのです。

それは「30代から上の世代」の殆どが「森且行」「森くん」って書いたってのと、「森且行って誰ですか?」と生真面目そうな20代の若い衆がいた事ですかね(ちなみに次点は「稲垣メンバー」でした(爆))。

※通常、クイズでは東洋人はフルネームまで答えて正解、というルールがある事が多いんですが、この時の企画は「わかればいい」っていうアバウトなルールでした。なので「森くん」「稲垣メンバー」でも(笑)。

で、よせばいいのに「SMAPは5人でしょう?それは問題が間違ってます」ってクレームつけてきて、「バカヤロウ、森くんを知らんとはこの非国民め!」…とまではさすがに言いませんでしたが(←あたりまえですわw)、まあかいつまんで説明はしましたわ。こうこうこういう理由でオートレーサーに転身をした。でもその際に事務所とトラブって「最初からいなかったことになっちゃった」んだ…とね。

この時の別の問題では「8時だよ全員集合にレギュラー出演してた、ザ・ドリフターズのメンバー6人」って問題もあったんですが、ここでもなぜか集中回答が「荒井注」(大汗)。

まあこの森くんを知らん若い衆には「志村けんが出て来る前には荒井注っていう人がいてねー、ジス・イズ・ア・ペンとか」って説明したら、「あ、荒井注は知ってます。嘉門達夫の替え歌で…」と言ってきたので、「荒井注を知ってて森且行を知らんとは!」って思わず説教しそうになった私がここに(←無論しませんでしたけどね(^_^;))。

爆音に焦がれて―森且行の挑戦

爆音に焦がれて―森且行の挑戦

 

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ