「むろかつんトコ」

千葉ロッテマリーンズとヴァンフォーレ甲府を応援しています。それと時事ネタなども。タイトル変更しました。

息子のインフルエンザの予防接種と、ドラえもん版ジェンガ(?)を買った話。

【スポンサーリンク】

f:id:muro_ktu:20171102212054j:plain

日常話を2つほど。

クイズサークル用のゲームを買った。

今年4月から立ち上げた小さいクイズ(と屋内ゲームの)サークルをやってるんですが、

iwaqtsuki.hateblo.jp

ここの5回目の定例会が次の日曜日に行われる予定だったりします。

www.muroktu.net

↑例会の会場はこういうとこを使ってます。

www.muroktu.net

↑前回の9月例会の模様です。 

ところが今回はいまいち私自身もネタがなく、残り1週間を切ったのに、参加する予定のメンバーの反応も薄いので、「あー、だったらボードゲームとかそういうのを買おうかな」と考えた次第でした。まあ間隔を置けば繰り返し使えますしね。

ちょうど、数ヶ月前のここのブログの巻末に貼っているamazonのアフェリエイトで数千円の収入があり、ついこないだその分のAmazonのギフト券を貰いましたので、

f:id:muro_ktu:20171102212053j:plain

f:id:muro_ktu:20171102212054j:plain

「ドラえもん ブロックタワーゲーム10」というゲームを買いました(笑)

本当はジェンガを買おうと思ったんですが…。

実は最初はこれではなく、

ジェンガ

ジェンガ

 

「ジェンガ」を買おうと思ってました。ところが思ったよりも値段が高く、ついでにいうと「このゲームはジェンガ以外では遊びようがない」んで(まああたりまえですがなw)、年に何度も定番企画としてジェンガをやるのは 日程的にも企画的にもきついよなーと思ってたら、そのAmazonのジェンガのページの下に、

ドラえもん ブロックタワーゲーム10

ドラえもん ブロックタワーゲーム10

 

ドラえもん版の「ジェンガ」…のようなゲームも売ってまして、これが思ったよりも安いのと、その他のゲームとしても遊べる、というので「じゃあこっちにするかー」ということになったのでした。

で、箱の裏を見ますと、

f:id:muro_ktu:20171102212055j:plain

f:id:muro_ktu:20171102212056j:plain

本当に10種類のゲームができるようです。

さっそく開封してみまして、 

f:id:muro_ktu:20171102212057j:plain

最初にこういうシールをひとつずつ、

f:id:muro_ktu:20171102212058j:plain

ブロックに貼っていく作業をやりました。

f:id:muro_ktu:20171102212059j:plain

で、1から9までの数字が書かれた、ついでに「ひみつ道具」の描かれてるシールを4種類のブロックに貼り付けまして、このゲームは全部で36枚のブロックで構成されていることがわかりました。

そのついでに、立方体のブツに、

f:id:muro_ktu:20171102212100j:plain

こういうサイコロのシールも。

来週の企画でさっそく使おう、と思ってたら。

しかしまー、フレーズが良いですね。

f:id:muro_ktu:20171102212101j:plain

「頭と指の真剣勝負!」ですわ。

f:id:muro_ktu:20171102212102j:plain

対象年齢は4歳から(ま、息子はもう対象年齢なんですけどね)。…実はうちのクイズサークル、参加メンバーが若くて30代、一番年上でも50代の人といういい年こいた「大人」ばかりなんですけども(爆)。

※何せ出来たての会なんで若い方もクイズ初心者の方もマジで大歓迎です、はい(泣)

こちらのゲームの箱はそんなに大きくはなく、いつもサークルで使っている旅行用かばんにもすっぽり入るサイズですので、まあ来週の例会で、ジェンガを応用したようなオリジナルのゲーム企画をやってみようかと思っているところです。

…と思ったら、昨晩から今朝方の間に、クイズサークルの連絡手段として使っているSNS(mixiの非公開コミュを使ってます)で、「参加します、企画できます。」というエントリーが連発されまして、いつもだと1日で4企画ほどやるんですが、一気に埋まってしまうというある意味で「嬉しい悲鳴」に(苦笑)。

今のところは、今月の、オープニングの1Rでこのドラえもん版ジェンガの企画をやりつつ、来月は同じ場所で近所のスーパーで買ってきた食べ物とか、デリバリーのピザとかを頼んで「忘年会」の例会もやるんですが、その際に余興として、このドラえもんのゲームの別の種類の企画でも…と考えてます。

息子のインフルエンザの予防接種へ。

話はガラッと変わるんですが、今日は午前中に4歳になる息子の予防接種をしに行きつけの内科小児科の病院に行ってきました。

f:id:muro_ktu:20171102212104j:plain

メインは小児科で、かつては地元の総合病院で小児科の先生をやっていた女医のお医者さんが独立して開設した病院なんですけども大人も内科で診てくれてまして、かつては昨年春に亡くなったうちのおばあちゃん(妻の母にあたります)も定期的にお世話になってましたし、実は今年春に息子にB型インフルエンザを伝染された際に、私も一緒に診てもらいまして(苦笑)。

そういえば先々週と先週、その地元の総合病院で私とおじいちゃんは市の健康診断を受けに行ったんですが、ここの受付が予防接種の受付も兼ねていて、何人かの患者さんがインフルエンザの予防接種の予約にしに来てました。が、その総合病院では、どうも在庫切れでキャンセル待ちだとのこと。

一方でうちの息子の場合は先月、予防で飲んでる気管支炎の薬が切れて診察してもらった際に、今年の春にこの病院でインフルエンザのお世話になってますので、早い段階で予防接種をオススメされて予約したんですが(実は今月末にもう一回あります)、やはり先月のうちに予約しといて良かったなーと思った次第でした。

※ちなみに私は大学4年だった1999年2月以来、17年ぶりにかかりました。しかも息子にうつされて(汗)

予防接種の先生がえらく凄腕だった(笑) 

で、最近は患者さんが増えて第二診察室に別の女医さんがついて診察してくれることになり、かなり待ち時間が短縮されたらしいです。今日は院長先生ではなく、その第二診察室のおばちゃん先生がインフルエンザの予防接種をしてくれたんですが…

すると、聴診器で胸と背中を当てて、喉をへらで見た後に、息子の左腕をまくって消毒て注射をしたんですが…あっという間に注射が終わり、なんと看護師さんが注射したところに止血用のテープを貼ろうとするも、その注射の跡が一見、どこだかわかんないぐらい凄腕の先生でして…いやあびっくりしましたわー、私と妻(苦笑)

※要するに注射したばかりなのにそこから出血が全くない、という次第でした(;゚Д゚)

f:id:muro_ktu:20171102212103j:plain

注射の真っ最中も終わった後も全く痛がる様子もなく、勿論泣きもせず。きょとんとした表情で「ん、なんかあったの?」という顔をしてました。

で、お会計(健康保険が適用できずに約3500円かかりました)をして車で帰る途中、その凄腕の女医さんを評して、

「凄い。ゴルゴ13のような女医さんだ」

…と。 私らの頃はインフルエンザの注射はほとんど義務のような形で毎年、学校で行われていて、肌寒い体育館でいかにもテキトーに消毒されて、注射のちくっという痛みが嫌だったもんでしたが…今はそんなに注射の技術が進歩してるのか、いや、あの女医さんが凄腕なんだろうな、とか驚きつつ、妻と話しながら家に戻ってきたのでした。

 

以上です。

ゴルゴ13(186) (ビッグコミックス)

ゴルゴ13(186) (ビッグコミックス)

 
ゴルゴ13 185 天空の毒牙 (SPコミックス)

ゴルゴ13 185 天空の毒牙 (SPコミックス)

 
インフルエンザ診療ガイド 2017-18

インフルエンザ診療ガイド 2017-18

 

 

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ